本文へスキップ

TEL.0956-82-3121

〒859-3615 長崎県東彼杵郡川棚町下組郷2005番地1

脳深部刺激(DBS)療法

長崎川棚医療センターでは脳深部刺激(DBS)療法ができるようになりました。

  • 不随意運動に対する脳深部刺激療法(DBS=Deep Brain Stimulation)について 

    からだの動きは、脳のなかで発生した信号がバランスよく良いリズムで伝わって円滑にできるようになっています。
    信号伝達がおかしくなると自らの意思に反した運動が出たり、思うように動かない状態になります。
    このような病気の中で最も多いのがパーキンソン病です。
    この治療として最近注目されているのが脳深部刺激という方法です。 

  • パーキンソン病で外科治療が必要な状態とは 

    パーキンソン病は脳内で運動の信号伝達に大切なドーパミンという物質が不足するために手が震え、身体が硬く、動きが乏しく、歩行などがうまくできなくなるのですから、治療の原則はドーパミンの働きを補う薬物療法です。

    しかし、しばらくして「薬は効くけれど持続しない、即ち効果がみられる時間が短くなり症状が急に悪くなるので1日のうち何回も服薬しないといけない、かといって薬の量を増やすと副作用による異常運動が出て困る」ような場合には外科治療のよい適応です。

    具体的には運動症状の変動や不随意運動によって日常生活が困難になれば手術を考慮してよいと思われます。
    外科治療が奏功すれば、薬がきれて症状が悪くなるのを防ぎ(薬の効果を「底上げ」するといいます)、薬が効きやすくなれば投与量も減って(薬の「肩代わり」効果)薬の副作用も減るというわけです。
    ただし「手足の震え」については、他の症状の軽重とは別にそれ自体で不都合が生じるなら手術の適応がありますし、効果もかなりみられます。

    外科治療はパーキンソン病そのものを根治するわけではありませんが、上記の適応内にあれば困っている症状の軽減に大きく寄与します。

  • 手術について

    治療すべき脳深部の場所をコンピュータで正確に計測しながら電極を設置し、電気刺激するためのバッテリーは胸の皮膚の下に入れます。
    心臓のペースメーカーを埋め込んだ患者さんと同様に、バッテリーは数年毎に交換する必要があります。
    またMRI(核磁気共鳴)という強力な磁場が発生する検査はこの装置を設置した場合は受けられませんので、他の検査で代用する必要があります。


  • パーキンソン病以外への応用 

    脳深部刺激療法はパーキンソン病以外でも原因不明、あるいは脳卒中後の激しいふるえや首、手足が勝手にねじれるジストニアという異常運動の一部にも有効です。

  • 神経内科、脳神経外科の協力体制が重要

    DBSは画期的な治療法ですが、確実な診断は神経内科、手術は脳神経外科、術後のフォローアップは共同で、手術効果の評価も客観的に行う必要があります。
    当院では手術の精度を上げるための特殊な器械をそろえ、県下では初めてDBS療法を開始することになりました。
    神経内科が窓口になり、適応ありとされた場合は、手術について詳しく脳神経外科でご説明させていただきます。











Nagasaki Kawatana Medical Center長崎川棚医療センター

〒859-3615
長崎県東彼杵郡川棚町下組郷2005番地1
TEL 0956-82-3121
FAX 0956-83-3710