本文へスキップ

TEL.0956-82-3121

〒859-3615 長崎県東彼杵郡川棚町下組郷2005番地1

診療科のご案内

  • 呼吸器内科

    呼吸器内科は肺の病気を主に診療します。
    病気の種類はとても多く、肺炎などの感染症、喘息などのアレルギー疾患、肺癌などの腫瘍、間質性肺炎などの免疫疾患があります。
    呼吸器内科には不明熱で入院される患者さんも多く、肺に限らず全身の発熱性疾患の診断、治療にあたります。
    また、当院は日本呼吸器病学会の認定施設に認定されています。

スタッフ紹介

  • 山領 豪( 呼吸器内科医長 )
    ・医学博士
    ・日本内科学会認定医

  • 黒木 麗喜( 第二呼吸器内科医長 )




ご挨拶

呼吸器内科病棟は結核病床5床を有し、入院患者数は常時30名程度で、平均在院日数は16日と短くなっています。

主な疾患は肺炎、誤嚥性肺炎、気管支喘息、肺癌、慢性閉塞性肺疾患(慢性呼吸不全)、塵肺症、間質性肺炎などです。なかでも感染症の診断・治療を得意としています。
最近では非結核性抗酸菌症や肺アスペルギルス症の患者さんが増加しています。


主な検査として、電子スコープによる気管支鏡検査を年間60例ほど行なっています。
胸水貯留症例では局所麻酔下胸腔鏡を呼吸器外科とともに積極的に行い、診断率の向上に努めています。
CTガイド下肺生検や気管・気管支ステント挿入などの特殊な検査・治療も必要に応じて施行しています。
睡眠時無呼吸症候群の検査(PSG)を2004年4月から個室で施行しており、現在までに200例以上の検査を行いました。


これからも増加する肺癌、慢性閉塞性肺疾患に対して適切な医療を提供することが大切と考えています。
今後の超高齢化社会において、「出来る限りの医療」ではなく「患者さんにとって最も良い医療」を患者・家族と一緒になって目指していきたいと思います。

また、ワクチンなど予防医学を取り入れて、地域に役立つ呼吸器内科であるように心がけたいと考えています。





Nagasaki Kawatana Medical Center長崎川棚医療センター

〒859-3615
長崎県東彼杵郡川棚町下組郷2005番地1
TEL 0956-82-3121
FAX 0956-83-3710